何年も前の話です。
私は高校1年生の頃1つ年上で仕事をしている彼とお付き合いをしていました。
全ての物事を軽く考え、行動していたその頃の私達は彼との子供を妊娠してしまいました。
気づいたきっかけは2ヶ月近く来ない生理でした。巨人倍増不安になりながら検査薬を試し、陽性反応がでた事で認識しました。
私の家庭は片親で、母しかおらず兄弟は私を含め3人いたのでとても裕福とはいえない環境でした。
私の頭には中絶することしかなく、自分でどうにかしなきゃ、と母に知られないように親の承諾なしに中絶手術ができる病院を必死で探しました。が、そんな病院はありませんでした。
どうしようもなくなり、結局泣きながら母に全てを話しました。
その後一緒に病院に行き、母と中絶手術の準備をすることになりました。
手術の日程が決まり、手術当日までは今まで通りの高校生活を送ることになりましたが、毎日毎日後悔ばかりしては消えたいと考え、生きている心地がしませんでした。
そんなある日、生理のようなどろっとした出血がありました。
流産でした。
あくまで自己見解ですが、当時学校の授業でマラソンをしていたのでそれが原因だと思います。
病院に行くと、シアリス 通販あなたの子供はもういないから手術はいらない。 と言われました。
胸が張り裂けそうになりました。
私はついに自分の子供を殺したんだ。
改めてことの重大さを実感しました。
それから今日までずっと忘れることはありませんでした。
そしてこれからの人生ずっとこの経験が私につきまといます。当然の報いです。
どうか、今妊娠して中絶を考えてるひとがいるなら、自分の安易な行動によって これから人生を謳歌するはずだった命を殺してしまうことを忘れないで下さい。
そしてその重みをしっかり受け止めてください。
また、今大好きな彼がいる人、学生時代を楽しんでる人も、私と同じ道を歩まないように妊娠を考えてない場合は必ず避妊をして下さい。威哥王あなたの身体、彼、あなたの両親、を大切にしてください。
もしなにか中絶のことで相談があれば、私でよければ微力ながら力になりたいです。相談していただければと思います。



このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています